So-net無料ブログ作成
検索選択

SharePoint 開発 [SharePoint]

SharePoint の開発に携わるようになって数か月、なんとなく見えてきた現実がある。それは、、、まともな情報が見つからない。

 SharePoint 2013 .NET サーバー API リファレンス

SharePoint 2013 .NET クライアント API リファレンス 

開発を進めるためにはほぼ必須ともいえるリファレンス。残念なことに、ここから辿れる情報はメソッドの名称とサンプルだけ。サンプルがあれば「使い方」はなんとなくわかるけど、「何」をするためのメソッドなのかはは全く解らない。翻訳精度が悪いせいで情報が抜け落ちてしまったのかと考え、英語版の情報を見てみたけど、大差ない模様。

Collaborative Application Markup Language のコア スキーマ

Collaborative Application Markup Language (CAML) Structure

SharePoint に関わろうとすると、どうしても避けられないのがこの CAML。SharePoint の動作原理が解らないと読みこなすのに一苦労する。

その他、非公式(Microsoft 以外)の HP やブログの情報も大して役に立たない。公式サイトで得られる情報以上のものはまず見つからない。基本的には公式 HP と同じで基本的な情報を持ち得ていることが前提となっているようで、初心者がちょっと覗いた程度だと理解できない。まあ、ココも同類だとは思う。

唯一使えそうなのが stackoverflow をはじめとする掲示板(質問サイト)。とは言っても、欲しい情報が 100% 得られるわけではなくヒントがもらえる程度。残念なことに、迷宮入りしてしまう案件も少なくなく、日本語のサイトは使い物にならないことが多い。

そして最後に至ったのは 、「情報が見つからなければ、検証して突き止めるしかない」ということ。幸いにも SharePoint は PowerShell との相性がいいようだ。アセンブリさえ見つけられればある程度は使える .NET Framework の特性が結構生かせる。

Microsoft SharePoint のネームスペースさえ取り込んでしまえば(GUI は使えないけれど) ある程度の機能の検証が可能になる。そのために必要になるのが以下の 2 行。

[void] [Reflection.Assembly]::LoadWithPartialName("Microsoft.SharePoint");
$sp= New-Object Microsoft.SharePoint.SPSite("https://localhost/");

あとは、ハッカーにでもなったつもりで探っていくのが手っ取り早い。SharePoint Server のインストールしてあるサーバーにログオンして、PowerShell を起動する。そして、上記のコードを実行すれば、(多くの)Server Side の機能を検証することができる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。