So-net無料ブログ作成
検索選択

Windows - 2 Shell Lightweight Utility [Programming]

久しぶりに Windows 向けのプログラミングをして感じたのは、「結構変わったなぁ」ということ。Windows 7 以降のプラットフォーム向けに作ったのは殆どすべてが .NET ramework 上のものだったので、Win32 API を直接弄ることがなく、情報を集めていなかったのが原因のひとつだと思う。

Windows の環境には Shell Lightweight Utility という名の、ユーティリティ関数群が提供されている。これはパスやレジストリのような Windows 環境独自のリソースを扱うためのもの。

Windows の仕様に合わせた操作を提供してくれているので、適当に手書きしたコードを書くよりは絶対に安全だ、、、と思って現役時代は多用していた。

久しぶりにこのページ(https://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/bb773559(v=vs.85).aspx)を見たら、とんでもないことになっていた。

全てではないのだけれど、「誤って使用すると、バッファオーバーランが発生することがあります。」 という注意書きがある。

Visual Studio 2015 に含まれているヘッダーでは、以前の関数たちには deprecated とマークされている。 使用頻度の高そうなものはほぼ全滅しているようなので、必要なら差し替えた方がいいのかもしれない。

ただ、リプレイスされたバージョンのものは Windows 8/Windows Server 2012 以降のプラットフォームにしか対応していない模様。Windows Vista や Windows 7 に対応することができない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。